講演会

当財団は政治、経済、国際、社会、文化などさまざまな分野の最新の話題について現役記者、ジャーナリスト、学者、政治家らを講師として迎える定例講演会を毎月、日本プレスセンタービルの日本記者クラブ会見場で開いています。会場が狭いこともあり、参加者は先着約80名程度に絞っていますが、講師と直に触れ合える小規模講演会ならではの利点があります。

年に1~2回、著名講師を招いた特別講演会も開催しています。こちらは会場を東銀座にある時事通信社本社ビル内の時事通信ホールに移して開催しています。定員は300人程度で、多数の参加者に対応できるようにしています。

定例講演会、特別講演会いずれも参加費は無料で事前登録も不要です。ご自由に参加してください。講演内容は原則として当財団の月刊機関誌「メディア展望」に収録していますので、それでもご覧いただけます。

講演会の開催予定は「新着情報」に随時、掲載します。トップページの「新着情報」もしくはその下の「もっと見る」でご確認ください。

新型コロナ感染症対策として当面の間、定例講演会、特別講演会ともに参加は事前予約制とし、定員についても縮小させていただきます。また講演会場に入室の際にはマスクを着用の上、入り口においてお名前の確認、検温、手指消毒をさせていただきます。体調が優れない方の入室はご遠慮いただきます。なにとぞご理解くださるようお願いします。

新型コロナ感染症対策の期間中においても定例講演会、特別講演会の参加は無料です。

最新情報

  • 定例講演会

    2020/09/25

    ご来場ありがとうございました
       共同通信、名取特別編集委員の講演は終了

  • 特別講演会

    2020/09/15

    事前申し込みの受け付けを終了しました
     10月特別講演会「混迷の時代を生きる~私の取材ノートから~」

これまでの講演会