当財団の沿革

 

新聞通信調査会の沿革

1945年10月末の同盟通信社解散に伴い、主力の通信社業務は新しく設立された共同通信社と時事通信社に引き継がれた。印刷部門は有限会社「時事印刷所」として分離・独立、現在は㈱太平印刷社(東京品川区)として活動している。

日本で初めてファクスをつくった技術研究所は有限会社「同盟電機製作所」としてやはり分離・独立。その後、社名を㈱東方電機に改称。同社はその後、ファクスメーカーとして松下電器産業(現パナソニック)の傘下に入り、㈱松下電送システムとなった。同社はその後さらに㈱パナソニックCCグラフィックスなどに改組され、現在は㈱パナソニックの1部門となっている。

同盟通信解散による職員、各種業務の引き継ぎ、分離・独立などの清算作業完了後に残された土地、株式などの資産を基に1947年12月15日、当財団の前身となる「財団法人通信社史刊行会」が設立された。その後の活動は以下の通り。

  • 1947年12月15日
    財団法人通信社史刊行会設立
  • 1958年12月
    『通信社史』刊行
  • 1960年9月
    財団法人新聞通信調査会に改称
  • 1963年1月
    『新聞通信調査会報』(現『メディア展望』)発刊
  • 1976年5月
    定例講演会を開始
  • 1983年3月
    「新聞通信選書」の発行開始
  • 2008年12月
    「メディアに関する全国世論調査」開始
  • 2009年4月
    『新聞通信調査会報』を『メディア展望』に改称
  • 2009年5月
    通信社研究書『岐路に立つ通信社』刊行
  • 2009年12月24日
    公益財団法人へ移行
  • 2010年9月
    通信社ライブラリー開館
  • 2012年2月
    写真展「関東大震災と東京の復興-定点観測者としての通信社」を開催、その後毎年写真展を開催
  • 2013年11月
    • ・事務所を港区虎ノ門から千代田区内幸町の現在の場所に移転
    • ・シンポジウム「日中関係の針路とメディアの役割」開催、シンポジウムはその後毎年開催
    • ・ボーン・上田記念国際記者賞表彰業務を日本新聞協会から引き継ぐ
  • 2015年
    出版補助事業開始
  • 2016年
    出版補助事業としての『コレクティヴ・ジャーナリズム~中国に見るネットメディアの新たな可能性』(著者は朝日新聞記者章蓉氏)刊行
  • 2017年2月
    写真展「憲法と生きた戦後~施行70年」開催
  • 2017年3月
    • ・『挑戦する世界の通信社』刊行
    • ・シンポジウム「ポピュリズム政治にどう向き合うか~メディアの在り方を考える」開催
  • 2018年1月
    設立70年記念会開催
  • 2018年3月
    • ・写真展「南極観測60年」開催
    • ・「同盟旬報・同盟時事月報」復刻版発行、大学などに寄贈
    • ・出版補助事業として『松方三郎とその時代』『NPOメディアが切り開くジャーナリズム~「パナマ文書」報道の真相』発刊
  • 2018年4月
    通信社ライブラリーを改装
  • 2018年6月
    シンポジウム「人口急減社会で何が起きるのか~メディア報道の在り方を考える」開催